頑張っても成果が出ない札幌市の勉強が苦手な子の家庭教師

頑張っても成果が出ない

家庭教師をいざ始めようと思っても実際は自分の子に向いているか不安なご家庭は多いと思います。そこで、家庭教師を始められた方のケースをご紹介致します。6つにまとめましたのでご覧下さい!

部活が忙しい
授業についていけない
塾の成績で悩んでいる
やる気がない
頑張ってるのに成果が出ない
共働きで時間が取れない
頑張っているのになかなか成果が出ないお子さん テスト前には結構頑張って勉強しているのに、どうしてなかなか平均点が取れないのかしら・・・ 「根が真面目で何事も一生懸命取り組む」「ノートは色ペンをたくさん使って、キレイに書かないと気が済まない」「心配症なので、テスト勉強は範囲全て復習しないと気が済まない」「小学校の頃は良い点数が取れていたのに、中学生になったらテストの度に成績が落ちている」 チェックの結果はどうでしたか?

もし1つでも当てはまったら、このまま勉強をしていっても成績が上がらない可能性が大です。今のまま放置してしまうと…

頑張っているのに成果が出ない→頑張っても意味がない→やらない

となってしまいます。でも、お母さん、安心してくださいね。このタイプのお子さんには頑張り屋さんが多いので、授業や教科書の大事なポイントやテストでよく出る問題のパターンさえつかめれば、成績は上がります。

下矢印 授業のポイント絞り込み法 このタイプのお子さんは、毎日5?6時間の授業全部を集中して聞いてこようとする子が多いんです。でも授業内容すべてを覚えなくても、大事なポイントだけ集中すれば大丈夫なんです。家庭教師のヒーローでは、家庭教師の先生が授業を受ける前に大事なポイントを教えるので、お子さんはそのポイントだけ聞いてくればいいんです! 授業を理解するためのポイントや、テストに出る問題のパターンを教えてもらえるので、頑張りが成果につながるようになっていきます。 問題のパターン絞り込み法 テスト範囲を全部復習しようと頑張っても、範囲が広くて手が回らない・・・頑張り屋のお子さんはそんな経験のある子がとても多いです。そこで家庭教師のヒーローでは、テストによく出るパターンに絞ってテスト対策をして行きます。教え子たちの過去の定期テストのデータなどを元に、テストによく出る問題をパターン化しているので、無駄なくテスト勉強ができます
無料体験
ページの先頭へ戻る
ページTOPへ
テキストのコピーはできません。