英語予習編札幌市の勉強が苦手な子の家庭教師

英語予習編

英語予習編 中学生でつまずきたくない!でも予習って何をしておけばいいの? 「中学に入る前にちゃんと英語を予習させて、つまずかないようにしておきたい」「将来のために英語を得意教科にさせてあげたい」このように思われているお母さんたちもたくさんいらっしゃるかと思います。ますますグローバル化が進んでいく社会の中で、英語が理解できて話せることはより重要なことになってきています。しかし小学校での英語学習は、お母さんたちが学んでいた頃とは大きく変わっているんです。現在小学校では、簡単なコミュニケーション表現などの英語に慣れ親しむ「外国語活動」という授業が5年生からすでに行われています。それが2020年になると、新しい学習指導要領によって「外国語活動」が小学3年生からとなり、さらに小学校高学年からは教科としての「英語」の授業が実施されます(教科書を使い、ちゃんと成績もつくんです!)。 英語に親しむ〈外国語活動〉聞くこと・話すこと・英語の音声や基本的な表現に慣れ親しむ・英語でコミュニケーションを図る素地、態度を養う 教科としての「英語」授業 聞くこと・話すこと・読むこと・書くこと 中学校での英語授業ではコミュニケーションがより重視され、授業も英語で行われることが基本となります。ヒーローでは主に「書く」方のサポートを行い、中学校での英語学習へとスムーズに移行できるよう小学校の時点で基盤をしっかり作っていきます。「うちの子、ちゃんとついていけるかしら…」と不安に思われているお母さん、そしてお子さんのために、ヒーローではこのような方法で学習を進めていきます。 そんなお悩みを解決する指導法はコチラ! ヒーロー式 読み書き先取り学習法 発声しながら暗記&家庭教師がポイントを伝授! 英語の基本となるアルファベットや単語を、実際に口に出して読みながら書く練習をする方法です。これにより、発声・つづり・意味をセットにして覚えることができます。家庭教師はお子さんのそばで発声やつづりをチェックして正しいものを教えたり、覚えるためのポイントを伝授していきます。一人でもできることのように思われますが、英語を勉強し始めたばかりのうちに正しい発声やつづりを指摘してくれる存在はとても重要です。 bとdは間違いやすいから気をつけようね 中学英語に向けて学年ごとに先取り! ランナーの英語は中学英語の授業に向けて、次学年で習う内容を先取りして学習していきます。子どもたちが中学生になる頃には中学1年生の最初に習う単語や文法などは理解しているので、授業が理解できて楽しくなります。●低学年時 … アルファベットの読み書きと暗記 ●中学年時 … 学校の授業で習った、あいさつや身の回りのものの単語の読み書き練習と暗記 ●高学年時 … 中学英語の内容の先取り 楽しくなるから自分から進んで勉強する!このサイクルで、中学英語に進んでもさらに英語が好きになっていくように指導していきます。 先生に教わったところ全部出たよ! まとめ この2つの方法で、先生の指示通りに宿題をするだけ!これで徐々にお子さんに英語の基盤が身についてくるんです。
無料体験
ページの先頭へ戻る
ページTOPへ
テキストのコピーはできません。