高校受験編札幌市の勉強が苦手な子の家庭教師

高校受験編

入試までの時間がもうないのに受験生としての自覚が足りない・・・

受験生ともなると、ちゃんと勉強しているのか、受験生としての自覚や焦りがあるのか、お子さんの言動が気になったり、いつも以上に口を出したくなりますよね。

私たちの元に寄せられるお母さんたちのお悩みで一番多いのも、「受験生としての自覚が足りない…」「受験が近いのに勉強しない…」ということなんです。

でもお子さんは、もちろん受験に焦りや不安を感じているし、相当勉強しないといけないということも充分わかっているんです。

ではなぜお子さんは受験勉強をしないのでしょうか?それは…

「学校のテスト勉強もまとめられないのに、3年分の勉強なんかできるワケない!」
「範囲が広すぎて何をどうやったらいいのか見当もつかない!」

そうなんです。教科書は3年分5教科で約3600ページ!これをまとめるのは本当に大変なんです。

そこで…

そんなお悩みを解決する指導法はコチラ! 入試対策ニガテ底上げ法 まずは基礎からしっかり復習!

まずは、現時点でニガテな科目、つまづいている分野の基礎的な復習から始めます。

一見遠回りに感じるかもしれませんが、受験によく出るポイントも教えながら復習していくので、お子さんは、勉強しながら受験に出やすい部分も把握していくことができます。

応用よりもまずは基礎! 苦手な科目もしっかり底上げ!

ある程度基礎の復習が終わったら、今度は単元ごとや学年ごとのまとめテストを行い、理解度や定着度のアップを図ります。

ニガテな教科の「わからない」が少しずつ減っていくことでお子さんの自信回復にもつながり、ニガテ科目の底上げになります。

得意科目は受験勉強のやり方をアドバイスしたり、出やすいポイントを宿題に出すなどのフォローを重点的に行います。

わからない問題は減り、自信がUP!! 過去問題などの実践形式で最終仕上げ!

基礎の復習、単元や学年ごとのまとめテストをしたら、最後は実戦形式で過去問等を解いていきます。

本番に近いテストで入試の練習をしながら、更に弱点を補うようなアドバイスや宿題を出し、受験に備えていきます!

3時から数学ね、コンパスと定規の用意も忘れないでね テストに出る問題のパターンが分かれば、テスト前にはそれを繰り返し解いて練習するだけでいいんです。
無料体験
ページの先頭へ戻る
ページTOPへ
テキストのコピーはできません。